MR

製薬会社MRのリアルな仕事内容を紹介!【現役MRが解説します】

MRの仕事とは

本記事はこんな人におすすめ!

MRの仕事について知りたい。

MRの仕事のスケジュールを知りたい。

MRの仕事はキツイ・辛いのか知りたい。

どうもこんにちは!あらお(@araojap)です。

MRという仕事をご存知でしょうか?

MRとはMedical Representativesの略で医薬情報担当者とも言われます。

簡単に言うと製薬会社の営業マンです。

私は新卒で製薬会社に入社して、今ではマネージャー業も兼務している現役MRです。

MRの仕事は今でも人気があり、高収入・福利厚生が手厚い事で有名です。

※MRの年収・福利厚生について🔽

>MRの年収について詳細記事はこちら

MRの年収アイキャッチ
製薬会社・MRの本当の年収を解説&公開する【日当と福利厚生がカギ】

続きを見る

今回は現役MRの立場からMRのリアルな仕事内容や医療への関わり方、

MRの1日のスケジュール、激務のウワサなどを解説していきます。

※MRに転職を考えている人は以下の記事も参考にどうぞ🔽

>製薬業界やMRの転職状況について詳細はこちら

MRの最新転職状況
【2020年最新版】MRへの転職を製薬業界の近況を踏まえて解説する

続きを見る

MRのリアルな仕事・医療の関わり方を徹底解説!

MRの仕事について

冒頭で紹介した通り、MRは製薬会社の営業マンです。

具体的な仕事内容は大きく挙げると以下の通り

①医薬品の情報収集と情報提供を行う

②自社の医薬品を普及する

この2点が仕事の中心になります。

MRの仕事①:自社医薬品の情報収集&情報提供で医療に貢献する

医療の中では医薬品の存在は非常に大きいもので、

患者さんの治療に確実に必要なものです。

そんな医薬品は製薬会社が日々研究を重ねて新医薬品が登場したり、

また医療が進歩することによって自社医薬品の必要情報が増えたりします。

そんな最新の医薬品情報を医療従事者の先生方にお届けするのが、MRの最優先業務になります。

最新の情報を最速で届けることで医療に貢献していきます。

また実際の医療現場から副作用や医薬品の相互作用などの新しい情報が生まれてきます。

この情報を適切に収集して社内で報告・他の医療現場に共有する事も医療への貢献へとなります。

MRの仕事②:自社の医薬品を普及する

MRは製薬会社の営業マンなので、当然営業的側面として数字が密に関係してきます。

自社の医薬品をPRして処方してもらう事にコミットする必要があります。

基本的には面談を通じた情報提供や、医薬品の製品説明会、講演会を実施する事で、

自社医薬品をPRしていきます。

自分の営業成績が良いとボーナス評価に繋がったり、社内評価にも関わるので

MRにとって自社医薬品の売り上げ拡大は重要です。

MRの1日の仕事スケジュールを紹介!

MRの1日の仕事スケジュールを紹介

自分の担当状況によってスケジュールは変わりますが、1つの参考にしてみてください。

6:30

起床

7:30

自宅を出発

8:00

医薬品卸に到着。1~3件訪問します。メーカーや扱う製品によって訪問頻度は変わりますが、医薬品卸と製薬企業は関わりが深いです。

医薬品卸の営業マン(MS)とは情報交換や営業の協業で関わる事が多く、朝の時間帯でコンタクトを取り情報交換を行います。

9:00~11:00

この時間帯はオフィスや近くのカフェなどで内勤業務を行います。クリニック・病院訪問の準備や資料作成、社内の内勤業務などを行います。

11:30~13:30

この時間帯でクリニックや病院などの医療機関に訪問します。この時間帯はちょうど医師の午前診察が終わる時間帯なので、

お昼休憩に入る前のクリニックや医局に戻る病院医師などに自社医薬品をPRします。

また必要に応じて薬剤師の先生方にも情報提供・情報収集を行います。

14:00

この時間帯はMRのお昼休憩になります。少し遅いですがこの時間帯にお昼ご飯を食べます。

15:00~18:00

この時間帯でもクリニックや病院、薬局に訪問します。大学病院などを担当していると終わりの時間はもっと遅いです。

19:00~20:00

帰宅

大まかなスケジュールは以上となっています。

担当先の状況によっても変わりますが、大体こんなスケジュールのMRが多いです。

MRの仕事って激務?キツイ?辛いの?

MRの仕事ってキツイの?

MRと聞くと激務で、ノルマがきつくて、本当に大変な職業・・・

とイメージされる方も多いです。

もちろん私も就職活動をしている時はそんな噂ばかりでした。

MRはあくまでも営業の仕事なので、向き不向きはあります。

私の入社同期も辞めていった人も多いです。

MRが激務・キツイと言われる代表的な理由を紹介します。

医療現場からのMRの必要性が低い

MRは医薬情報担当者と言われ自社医薬品の情報を扱いますが、

現在ネットが普及してきてMR無しでも情報が手に入ります(エムスリーなど)。

その反面MR自身には営業的側面があり数字があるため、

営業をかけていきます。

MRが必要と思っていない医療従事者にMRが訪問するとどうなるか。

嫌な顔をされたり・来なくて良いよと言われたり・雑に扱われたりします。

医療従事者全員がこんな態度を取ることはありませんが、人によりけりです。

自分自身の必要性が感じられなくなり、キツイ・辛いと感じる原因となります。

MRの仕事に定時出社・帰宅という概念がない

MRの仕事に定時はない

MRはいわゆる「みなし労働」という労働体制をとっており、

朝も早ければ夜も割と遅いです。

今や働き方改革が進んできていますが、医薬品卸には8:00頃に行きますし

大学病院担当者は21:00まで病院に残っていることもあります。

その分手当が厚かったりするのですが、

定時で帰れる仕事が好きな人には辛い職業になると思います。

MRの仕事はノルマが辛い

これは会社や上司によって変わりますが、ノルマ未達のペナルティーが大きい場合もあります。

ノルマ達成のために頑張りすぎて辛いなー、と思ってしまうことがあるようです。

もちろんノルマ達成は営業の醍醐味なのでこれが楽しくて、MRにやりがいを感じる人もいます。

このポイントは良し悪しが表裏一体となっています。

でもMRは確実に働きやすくなっている

MRの仕事は働きやすくなった。

一昔前と比べると製薬業界も大きく変わってきています。

昔は接待だらけで一芸持っていないMRは売れない、

なんて言われていましたが今や接待禁止・業界ルールも厳しくなっているので、

そういった辛さは無くなっています。

また働き方改革も進み直行・直帰が増えてきたため、

昔に比べると拘束時間は少なくなってきました。

今では仕事終わりにジムに行ったりなど、プライベートな時間が確保出来るようにも

なってきたので非常に働きやすい環境になってきました。

確かに営業の仕事なので数字・ノルマはついてきますが、

収入も良く福利厚生も手厚いのでMRはオススメですよ。

MRの仕事についてまとめ

今回はMRの仕事について紹介しました。

MRの仕事は業界ルールの改正や働き方改革などにより、

非常に働きやすい環境になってきました。

羽振りの良い業界ではなくなってきましたが、

それでも高年収・福利厚生の手厚さは非常に高いです。

MRを志望している方は、是非頑張ってください!

以上、あらお(@araojap)でした!

スポンサーリンク

-MR

Copyright© あらおLife〜MRの営業の仕事×副業で人生を豊かに〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.