MR

MRの訪問自粛から問われる存在意義について

MRが訪問自粛をする必要性

本記事はこんな人におすすめ!

MRがどの程度、訪問自粛になっているか知りたい!

MRが訪問自粛になる事で問われる事を知りたい!

どうもこんにちは!あらお(@araojap)です。

私は普段は現役のMRとして働いており、マネージャー業も兼務しています。

昨今の話題としてコロナウイルスの蔓延があり、

日々常々この話題で報道がされています。

そして新型のウイルスという事もあり、基幹病院を中心に日々対応されているところかと思います。

そんな最中で我々MRは武田薬品を皮切りにマルホさんも訪問自粛が始まり、

今では多くの会社が訪問自粛という対応を取っています。

今回は、

テーマ

MRが訪問自粛をする必要性

MRが訪問自粛する事によって問われる存在意義

このような内容で解説していきます。

※現役MRの方は是非読んで参考にしてみて下さい!🔽

【令和最新】現役MRが生き残るために今すぐやるべき4つの事
【令和最新】現役MRが生き残るために今すぐやるべき4つの事

続きを見る

MRが訪問自粛をする必要性について

MRが訪問自粛をする必要性

さて冒頭でお話しした通り昨今、コロナウイルスの蔓延が非常に問題視されています。

手洗いマスクは当たり前、一般市民はもちろん医療従事者も相当気を遣っています。

そんな中、我々MRはというと

医療従事者同様に、マスクと手洗いの徹底は会社の強い指示もあり徹底されています。

もちろん医療従事者のご迷惑にならないように、ウイルスの蔓延を防ぐために、です。

MRは職業柄、クリニックや薬局、基幹病院を渡り歩いて活動をしています。

しかし、これはコロナウイルスと非常に相性が悪いです。

医療機関を渡り歩くMRがウイルスを付着させて医療機関を歩き回る事で、

スプレッダーとなってしまい感染を広げてしまう可能性があるからです。

だからこそ、製薬会社は医療機関への訪問自粛という対応を取っているわけです!

MRの訪問自粛の対応をしている製薬会社

MRの訪問自粛の対応をしている製薬会社

最初に話題になったのは武田薬品でした。

そしてそれに続いて内資系大手メーカーが次々と訪問自粛を進めており、

現在では多くのメーカーが自粛している印象があります。

外資系メーカーは訪問自粛までいかずとも、様子を見ながら慎重に対応している印象です。

そして製薬会社は予定していた講演会などのイベントは自粛する形となり、

講演会自体を延期・中止しています。

MRが訪問自粛する事で問われる存在意義

MRが訪問自粛する事で問われる存在意義

さて、ここからが本題です。

2019年より販売情報提供ガイドラインが始まっており、

良くも悪くも製薬会社の本部はMRの情報提供に対して注目しています。

さてMRの訪問自粛が進んでくるとネットなどの手段で情報提供が1つの手段となってきます。例えば、

・M3.com(エムスリー)

・PrJOY

・各社のメールマガジン・データサービス

こんなものが手段として挙げられます。

特に各社メールマガジンについては、何年か前から登録推進に力を入れていたかと思います。

このようなサービスがMRの代替になり得るとは言われていましたが、

そこでこのタイミングです。

MRの訪問っていらないんじゃない?

この訪問自粛のタイミングでデジタルサービスでの情報提供が上手くいってしまうと、

いよいよMRの存在意義が問われ始めるでしょう。

もちろんゼロにはなりません。

ただ、

・普段から業務態度が悪いようなMR

・年配のMR

・リストラを考えている製薬会社

こんなMRや製薬会社は不必要なMRを除外したり、

MRに割いていた人員をデジタルサービスを構築する方に転換していくなど、

何かしらの変化が起こり得るのかなと考えています。

MRがふるいにかけられる可能性もある

MRがふるいにかけられる可能性もある

こういったタイミングでもしかしたらMRが

ふるいにかけられるかも知れません。

しかも以前よりMRはAIに仕事を奪われるかも知れない、という話はあります。

そういった時には優秀なMRとダメなMRの分別が行われて

追々のキャリアプランに大きく響く影響もあるかと思います。

今や販売情報提供ガイドラインで、本社が許可した情報しか喋れない・提供出来ない現状が出てきています。

そんな中で差がつくのは人間の独創力や想像力かと思います。

※こんなMRは優秀だなと思う人に共通するポイント🔽

MRの訪問自粛から問われる存在意義について

いかがでしたでしょうか。

今このタイミングで製薬会社各社はMRの訪問自粛を実施しています。

そんな最中MRは必要ないのでは・・・?

と存在意義を問われるケースも可能性としては考えられます。

そんな中MRとして生き残るためには、今まで以上に仕事に取り組む必要があるかも知れません。

すぐにMRがなくなるとは思いませんが、こういったタイミングで存在意義は問われてくると考えられます。

以上、あらお(@araojap)でした!

※MRにおすすめな副業も紹介しているので参考にどうぞ🔽

スポンサーリンク

-MR

Copyright© あらおLife〜MRの営業の仕事×副業で人生を豊かに〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.