駐車場シェアリング

特P(とくぴー)とakippaを比較してみた【駐車場シェアリング】

特P(とくぴー)とakippa(あきっぱ)をオーナー目線&利用者目線で比較!

本記事はこんな人におすすめ!!

駐車場シェアリングを利用したいと考えている。

特P(とくぴー)について知りたい!

akippa(あきっぱ)について知りたい!

特P(とくぴー)とakippa(あきっぱ)の違いについて知りたい

どうもこんにちは、あらお(@araojap)です。

近年、駐車場シェアリングというサービスの認知度が高まっており、

駐車場シェアリングの利用者と駐車場オーナーは右肩上がりで増加しています。

私も副業として駐車場シェアリングを利用しており、

自分の駐車場を貸し出す事で副収入を得ています。

そんな駐車場シェアリングを

私も駐車場シェアリングで安く利用したい!

駐車場のオーナーになって副業をしたい!

という人は沢山いますが実際に、

どの会社のサービスを利用すれば良いか分からない・・・。

こんな悩みを持っている人が沢山いるのも事実です。

今回は駐車場シェアリング代表格である、特P(とくぴー)とakippa(あきっぱ)という会社について直接比較しながら紹介していきます。

※駐車場シェアリングが右肩上がりな理由については以下の記事を参考にどうぞ🔽

>駐車場シェアリングの市場規模が右肩上がりな件

駐車場シェアリングの市場規模が右肩上がりな件【チャンスです!】
駐車場シェアリングの市場規模が右肩上がりな件【チャンスです!】

本記事はこんな人におすすめ! 駐車場シェアリングについて知りたい! 駐車場シェアリングの市場について知りたい! 駐車場シェアリング どうもこんにちは!あらお(@araojap)です。 駐車場シェアリン ...

続きを見る

特P(とくぴー)とakippa(あきっぱ)をオーナー目線&利用者目線で比較!

特P(とくぴー)とakippa(あきっぱ)をオーナー目線&利用者目線で比較!

あなたは駐車場シェアリングサービスの特P(とくぴー)akippa(あきっぱ)について知っていますか?

Pは急成長を続けている駐車場シェアリングサービスの一つで、

akippaは業界最大手の会社になります。

これらのサービスには様々な特徴がありますが、どちらを利用すればいいのか分からない人も多いでしょう。

駐車場シェアリングサービスを利用する側はもちろん、貸し出すオーナーにとっても運用しやすいのか比較しておきたいところです。

それでは今回、Pとakippaを比較しましたので解説していきます。

特P(とくぴー)とakippa(あきっぱ)の基本的特徴を比較!

特P(とくぴー)akippa(あきっぱ)では、基本的特徴に以下のような違いがあります。

ユーザー数

オーナー側の手数料

特P(とくぴー)

月間登録者数3000人以上

利用料の30

akippa(あきっぱ)

会員数100万人以上

利用料の50

上記はどちらもオーナー登録する際に確認しておきたいもので、

ユーザー数は業界最大手のakippaの方が圧倒的に多いです。

ユーザー数が多いと言うのはそれだけ利用者が多いということなので、より信頼して利用してくれるという強みがあります。

利用者が多い分だけ利用料が入ってくる仕組みになっているとはいえ、

手数料だけでみればakippaよりも特Pの方が安いので、稼ぎの面で見れば特Pの方が圧倒的に良いです。

たとえば

例えば1万円の収益が入る場合、

akippaだと50%も手数料がかかるので半分の5000円しか手元に入りません。

しかし、Pであれば30%しか手数料がかからないので7000円も手元に入ります。

この2000円の差は非常に大きいです。

手数料の高さを見るなら、特Pがおすすめです。

ちなみに私はこの手数料の安さから特Pを利用して駐車場オーナーとして副収入を得ています。

※駐車場シェアリングの副業についてもっと知りたい方🔽

>駐車場シェアリングでの不労副業についての詳細記事はこちら

駐車場シェアリングで不労副業
【登録無料】駐車場シェアリングで不労副業!比較もしてみた【厳選3つ】

続きを見る

特P(とくぴー)とakippa(あきっぱ)のサポートの違いを比較!

特P(とくぴー)とakippa(あきっぱ)のサポートの違いを比較!

特P(とくぴー)akippa(あきっぱ)にはどんなサポート体制が整っているのか気になりますよね。

オーナーにとって様々なメリットがあるので必見です。

そのサポート体制は、以下の通りです。

特P(とくぴー)のサポート体制

特P(とくぴー)のサポート体制の特徴は以下の通りです。

・任意保険の対物保険に加入できる

・保険専門スタッフが在籍している

・公式サイトにおける検索システム

特Pにはこんな特徴があります。

続いてakippaの特徴について紹介していきます。

akippa(あきっぱ)のサポート体制

akippaのサポート体制の特徴は以下の通りです。

・複数台区画の登録サポート

・写真登録などのサポート

・利用停止時のサポート

・サイトからでもアプリからでも予約できる

上記の違いを比較してみると、一見akippaの方がサポート面で充実していますが、

Pにしかないサポート体制もあります。

Pには、より駐車場を安心して利用できるように任意保険である対物保険に加入することができます。

なぜ対物保険に加入するのか分からない人でも保険専門のスタッフが在籍しているので、

その必要性を分かりやすく説明してくれるのも特徴です。

これなら駐車中に何が起きても安心ですし、特Pの場合は公式サイトから駐車場を検索出来るので、

アプリをダウンロードしなくても駐車場がどこにあるのか検索できるのも大きなポイントです。

さらに会員登録をすることによって、駐車場を検索した際にそのまま予約できるなどスムーズな利用が可能です。

続いてakippaにも様々なメリットがあります。

月額駐車場のオーナーや複数台区画のオーナーにもなれるなど、オーナーの種類が選べます。

また、写真の取得ができればakippaが写真登録を代行してくれるので手続きもスムーズに進みます。

特に電話対応の利便性に富んでいるのが大きな特徴で、

パソコン操作が苦手でもほとんど電話するだけで利用停止や区画拡大など様々な相談ができます。

結論、akippaは特Pと比較してオーナーが利用しやすい環境だと言えます。

利用者目線の特P(とくぴー)とakippa(あきっぱ)との違いを比較!

利用者目線の特P(とくぴー)とakippa(あきっぱ)との違いを比較!

利用者にとって特P(とくぴー)akippa(あきっぱ)では何が違うのか気になるところですが、決定的に違うところがあります。

まずakippaと特Pを利用した際の料金の比較ですが、基本的両社共にに駐車場や時間、曜日などによって大きく変わります。

しかしakippa15分ごとに料金が加算され、特Pなら4時間ごとに料金が発生します。

一見すると特Pの方が安そうに見えますが、akippaは細かく料金が発生するので単価が安くなっている傾向にあります。

そのため長時間駐車しておくなら4時間ごとに加算される特Pがおすすめですが、

少しの間駐車しておきたいという人はakippaを利用するのがおすすめです。

両方とも柔軟に対応していますが、旅行先や繁華街など駐車する場所や目的によって利用するサービスを決めていきましょう。

また、akippaと特Pで決定的に違うのは、対物保険に加入できるかどうかです。

akippaは対物保険に加入できませんが、特Pは加入が必須となっています。

対物保険に加入しておくと駐車している車に万が一のことがあっても特Pが補償してくれるので、akippaよりも安心感が違うのが特徴です。

一方でakippaは急成長してきた特Pとは違い、

業界最大手ならではの安心して利用できるメリットがあります。

特P(とくぴー)とakippaを比較のまとめ

いかがでしたでしょうか。

特P(とくぴー)akippa(あきっぱ)を比較した場合、

駐車場オーナーにとって

駐車場オーナーは何を優先するかで見方が大きく変わります。

akippaよりも特Pの方が手数料が低いので副業として稼ぎたいなら特Pがおすすめですが、

登録する際の全面サポートをしてもらいたいならakippaがおすすめです。

駐車場利用者にとって

駐車場利用者はどちらが料金が安いのか、安心して駐車できるのかどうかが問題になります。

akippaは業界最大手という安心感がありますが、特Pはユーザー数こそ少ないものの、

駐車中に何かあった時に特Pが補償してくれる対物保険に加入できます。

どちらが自分に合っているのか、よく検討しましょう!

以上、あらお(@araojap)でした!

スポンサーリンク

-駐車場シェアリング

Copyright© あらおLife〜MRの営業の仕事×副業で人生を豊かに〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.