仕事

【必見】営業の仕事が辛い・やる気が出ない時に考える3つの事

営業でのやる気が出ない

・営業の仕事が辛い・やる気が出ない人

・営業の仕事が辛いから辞める事を考えている人

・営業の仕事に対してやる気を取り戻したい人

本記事はこんな人におすすめ!

どうもこんにちは、あらお(@araojap)です。

私は製薬業界で営業職(MR)で働いており、年間アワード受賞歴もあります。

今ではマネージャーとしてプレイヤー兼、数名のマネジメントも行なっています。

営業職を何年年もやっていると周りから、

『営業の仕事が辛い・やる気が出ない・・・』

といった声が聞こえてきます。

もちろん、私にも辛い時は多々あります笑

そんな時に限って営業の仕事は上手くいかない事が多い・・。

同じような経験はありませんか?

ちなみに私がアワードを取った年も年中やる気が溢れていたわけでなく、

営業の仕事が辛い、やる気が出ない・・家に帰りたい(13時)

と思う事が多々ありました。

 

そんな中でアワード受賞に繋がった理由は、

辛い時に即座にやる気を取り戻すマインドセットを実施していたからです。

ぶっちゃけ営業で辛い・やる気が出ない時があるのは、

誰でも当たり前だと私は考えます。

今回は、

営業の仕事が辛い時、やる気が出ない時に考える3つ事について紹介します。

これで営業の仕事へのやる気もしっかり取り戻す事ができます。

◆営業の仕事が辛い・やる気が出ない

◆営業の仕事が辛いから辞めようと思っている

◆営業の仕事が辛い時にどうすれば分からない

こんな人は、是非最後まで読んでみて下さい。

あなたの営業が辛い状態を乗り越えるための一助となれば幸いです。

一緒に頑張りましょう!!

※私の本業であるMRという仕事について興味がある方は読んでみて下さい🔽

>MRの仕事について詳細はこちら

MRの仕事とは
製薬会社MRのリアルな仕事内容を紹介!【現役MRが解説します】

続きを見る

営業の仕事が辛い原因って何だろう?

やる気が出ない原因とは

営業の仕事が辛いや原因は、個々で様々な理由があると思います。

個人の環境や会社内の人間関係、クライアント先で思ったように結果が出ない、

営業では数字が達成できないなど、辛い原因は業界・職種・個人で多種多様です

例として私の辛い・やる気が出ない原因について挙げてみます(プライベート関連、社内の人間関係は抜きで)

営業が辛い原因

・営業の仕事がマンネリ化してやる気が出ない・辛い

・数字・営業成績が悪くて辛い

・営業の客先で苦手な人がいて辛い

私の場合は主にこの3点が挙げられます。

この3つの原因は、営業の仕事が辛くなる代表的な原因とも言われています。

この3つの原因について深堀していきます。

営業が辛い・やる気が出ない原因①:仕事がマンネリ化している

これって実際に結構ありませんか?笑

私の場合は営業ですが、何年も同じエリアで仕事をしていると、

自分の仕事の型・流れが決まってきます。

それは製品の売り込み方や外勤での周り方、毎月の内勤業務などなど。

どうしても「自分のやり方」に慣れてきてしまいます。

結果マンネリ化してやる気がなくなり、営業の仕事が辛いと思うようになります。

営業が辛い・やる気が出ない原因②:数字・営業成績が悪くて辛い

これは営業職の皆さんは共感いただける部分も多いのではないでしょうか!!涙

数字・営業成績は悪い時は悪いです。

そして上司から詰められたり、自分自身が情けなくなるので辛いです。

数字や成績は100%自分の実力だけでなく、運の要素に結構左右されます。

しかし営業では常に数字をアップさせることを求められます。

数字のプレッシャーで営業の仕事が辛いと思う事は多いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

営業が辛い・やる気が出ない原因③:営業の客先で苦手な人がいて辛い

あの社長・部長苦手なんだよなー。

営業の仕事をやっていると、苦手な人・嫌いな人はほぼ必ず現れます。

嫌だけど訪問しなければならない。

これは営業の仕事が辛いと思う主な原因の1つです。

営業の仕事が辛い時には、即座にやる気を取り戻すべき

仕事にはやる気を持った方が良い

私は営業の仕事が辛い・やる気がない時は、

速攻でやる気を取り戻すようにマインドセットしています。

こうして即座にマインドセットする理由としては以下の通り。

理由

・結局辛い原因は100%排除出来ない

・辛いと営業の仕事以外にも影響が出る

実際営業の仕事はどんな業界・分野でも人と接する仕事なので。

どうしても営業が辛い・やる気が出ない事は多々あります。

早くやる気を取り戻さないと、以下のような悪い影響が出ます。

営業の仕事が辛い時の影響①:プライベートが充実しない

営業の仕事が辛いとプライベートが充実しない

私は仕事と同じくらいプライベートの時間も大事にしています。

営業の仕事が辛い・やる気がないと、日曜日の夜にすごいナーバスな気持ちになるのです・・・涙

実は私の新人〜数年目までは結構この現象がありました。

皆さんも結構この経験ってありませんか?

よく日曜の夜から辛い・やる気が出ない事を、サザエさん症候群なんて言いますよね。

でもそれくらいならまだ良い方ですよ。

私なんて1番辛い・やる気が無かった時は、土曜の夜から月曜が嫌でした。

するとどうなるか。

日曜に予定を入れなくなります。ゆっくり体と心を休めたいと思うんでしょうね。

そして結果として、明らかにプライベートが薄くなってしまうのです。

日曜に予定を入れないと日常が薄くなる

これは一番辛い時期・やる気がない時期に実感したことです。

日曜に予定を入れずにだらだらと過ごすと、平日を含めた1週間が薄くなります。

その結果、仕事と仕事の時間間隔が狭くなります。

仕事が終わっても仕事の日が来てるような感覚になるのです・・・!

簡単に言うと、メリハリがつかなくなるのです。

そしてさらに営業の仕事が辛いと思うようになる。

これは非常に悪循環ですよね。

営業の仕事が辛い時の影響②:仕事が遅くなる

これは営業の仕事上、どんな業界・職種でもありがちな事です。

辛い時・やる気がない時は、仕事が不思議と遅くなります。

私の経験上の感覚だと、ヒドイと半分くらいのスピードになります。

結果として、帰る時間が遅くなる【残業が増える】

これって致命的ですよね。

本来定時で帰れるところを、残って仕事をしているわけですから・・・。

プライベートの時間の圧迫にも繋がります。

※逆に仕事のスピードを上げると色々な事が豊かになります。興味がある方は参考にどうぞ🔽

>仕事にスピードがあると3つの事が豊かになる

仕事はスピードが大事
営業マンが仕事のスピードを早くする理由【3つの事が豊かになる】

続きを見る

仕事が遅いと評価が下がる

実際に仕事が遅くなると『仕事が遅い・出来ない』などのレッテルを貼られてしまいます。

一時的なやる気のダウンが下手すると評価低下を招いてしまうわけです。

これって本当に勿体無いです。

評価は下げるのは簡単ですが、上げるのは時間がかかります。

だから辛い時・やる気が下がった時は、すぐに上がるよう修正すべきなのです。

営業の仕事辛い・やる気が出ない時に考える3つの事

ここからは私の辛い時にやる気を取り戻す『3つのマインドセット』を紹介していきます。

少し厳しい事を言うと、

営業の仕事が辛い・やる気が出ない原因は100%排除出来ません。

上記で私が挙げた理由も100%排除は無理です。

嫌いな人は嫌いです。

辛い時は辛いのは当たり前、それは営業の仕事もパン屋さんでも、

独立して社長になっても絶対に辛い時はあります。

だからこそ、そんな辛い・やる気が出ない原因が出来るだけ薄まるように、

それを超える自分のメリットを思い返し・自分をリセットさせます。

それでは「3つのマインドセット」を紹介していきます。

やる気を取り戻すマインドセット①:お金(ボーナスなど)の事を考える。

営業職ならボーナスのために頑張っていると言っても過言ではない!(偏見)

少なくとも私は、営業の仕事を頑張る理由にお金があります。

特に営業の場合は顕著に差が出る部分です。

例えば新製品が出た際に全国で1番売ってやろう!と意気込む営業マンも多いと思います。

そこでさらに1つ、その先にあるボーナスを考えてみましょう。

やる気が倍増しますよ!

辛い時・やる気ない時は特に、

この『お金』について考えると自然と手が動くようになります。

営業職以外でも「お金のため」と心に軸を作る事で、やる気が出たりします。

職場の周りの人を見て、「この人達よりもお金を貰ってやろう!」

と考えると自然とエネルギーが湧いてくるものです。

辛い気持ちも薄まります。

やる気を取り戻すマインドセット②:他人からの評価を考えてみる【承認欲求を上げる】

会社に勤めていると上司や同僚、客先などからも評価を受けています。

◯◯さんって仕事出来るよね。

ってやつです。

会社にいるとこんな話よくありますよね?

この◯◯を自分の名前にする事を考えます。

この話は会社や客先から直接言われることもありますが、

一番嬉しいのは「間接的に聞いた時」です。

例えば、

・「客先の社長があなたの事、すごい評価していたよ!」と他社担当者から聞く

・「営業本部長が君の事を超褒めていたよ!」と同僚から聞く

などです。

直接言われても嬉しいですが、間接的に聞いた方がもっと嬉しくないですか?

やる気を出す時はこの

「自分が評価されるシーン」を具体的に思い浮かべます。

そして思い浮かべたシーンを実現させよう!

と考えると不思議とやる気が湧いてきますよ。

辛い気持ちも乗り越えられる事が多いです。

やる気を取り戻すマインドセット③:仕事で1番嬉しかった・上手くいったシーンを思い出す。

一度過去のことを振り返るとやる気が湧いてくることがあります。

私の場合はアワードを受賞した時やインセンティブで旅行に連れて行ってもらったことなど・・・

ではなく!

新人の時に初めて商品を採用してもらった事を思い出します。

原点回帰とも言いますが、

自分が一番嬉しかったシーンって一生覚えていることの1つだと思います。

それくらい自分の人生の中で印象的な事なんですよね。

それを一度、思い返してみましょう。

やる気がみるみる復活しますよ。

営業の仕事が辛い・やる気が出ない時のまとめ

今回は営業の仕事が辛い・やる気が出ない時の『3つのマインドセット』について紹介しました。

色々と書かせて頂きましたが辛い・やる気がない時は、

仕事・プライベートを含めて、日常的な部分で負のスパイラルに陥りがちです。

辛い時こそ、やる気をすぐに復活させるべきです。

ただ人間、色々な要因でやる気が下がってしまいます。

しかしその要因は排除出来ないものもあります。

大切なことは「やる気を復活させようと自分で意識する事」

です。

辛いよー、やる気が出ないよーと嘆いてもやる気は戻りません。

やる気を取り戻す為には自分自身でマインドセットし直す事が必要になります。

特に営業の仕事はやる気が下がりがちな職種です。

いま自分が辛い・やる気出ないなーって思う人は、すぐに復活させることを心がけましょう。

私の『3つのマインドセット』も参考になれば幸いです。

以上、あらお(@araojap)でした!辛い時も一緒に頑張りましょう!

※サラリーマンにおすすめな記事です。参考にどうぞ!🔽

MRにおすすめな副業とダメな副業を解説する
製薬会社のMRにおすすめな副業とダメな副業を両方解説する【体験談あり】

続きを見る

スポンサーリンク

-仕事

Copyright© あらおLife〜MRの営業の仕事×副業で人生を豊かに〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.