MR

MRのリアルな転職先をランキング形式で公開&解説する

MRの転職先について解説する

本記事はこんな人におすすめ!

現在MRで転職先を検討している!

実際にMRからどんな職業に転職していくのか知りたい!

MRから転職する転職先にどんなものが多いのか知りたい!

どうもこんにちは!あらお(@araojap)です。

私は現役MRとして現在進行形で働いており、今ではマネージャー業も兼務するようになりました。

MRという職業は非常に転職が多く、私の周りにいた自社・他社MRも沢山の人が転職していきました。

また現在転職を考えているMRの数多くいて、

実際にMRってどんな職業に転職していくの?

と疑問を持つ方は多いかと思います。

今回は、

・MRが転職を考える理由

・私の周りにいたMRの転職先はどんな職業なのか

このような内容で紹介していきます。

※現役MRの方は是非読んで参考にしてみて下さい!🔽

【令和最新】現役MRが生き残るために今すぐやるべき4つの事
【令和最新】現役MRが生き残るために今すぐやるべき4つの事

続きを見る

MRは何故転職を考えるのか?

何故MRは転職を考えるのか

MRとはMedical Representativeの略で、いわゆる製薬会社の営業マンの事を指します。

そんなMRは非常に人気な職業で高収入で手当も手厚い職業で有名です。

じゃあ何故、そんなMRが転職するのか・転職先を探しているのかについて考察してみます。

※MRの年収について知りたい方はこちらの記事をどうぞ🔽

>MRの年収について詳細記事はこちら

MRの年収アイキャッチ
製薬会社のMRの本当の年収や給料&そのランキングを解説【私の収入も大公開】

続きを見る

MRは年収アップを狙って転職先を探す

MRは年収アップを狙って転職先を探す

これはMRからMRに転職する人に多いです。

現在の年収からさらに年収アップさせる為に転職をしたり、転職先を探す人がいます。

例えば内資系のMRだと年収が職位に依存し、

かつ年功序列の事が多いため年収アップを狙って転職していくMRは多く見られます。

※MRの年収を上げる方法として副業もおすすめです🔽

>MRにおすすめな副業とダメな副業についての解説記事

MRにおすすめな副業とダメな副業を解説する
製薬会社のMRにおすすめな副業とダメな副業を両方解説する【体験談あり】

続きを見る

MRが将来が不安で転職先を探す

MRの将来が不安で転職先を探す

昨今医療業界は非常に厳しく、度重なる診療報酬改定や薬価改正が進み

製薬会社は以前と比べると厳しい業界となってきました。

また多くの会社がここ数年でリストラをかなり行なっており、

早期退職されたMRも非常に多いです。

また世論としては

・MRはオワコン

・製薬業界のリストラ・再編が進む

・薬価改正の影響で潰れる製薬会社が出てくる

こんな事を言われているくらいです。

だからこそ、現場で働いているMRは自分達の将来性について割と不安視しています。

そんなMRは現在進行形で転職先を探している人は多いです。

※MRの将来性について興味がある方はこちらの記事もどうぞ🔽

>MRの将来性について解説記事はこちら

MRに将来性はあるのか
果たしてMRに将来性はあるのか?製薬業界の環境変化から考える

続きを見る

MRの仕事が向いていない・嫌だから転職先を探す

これは他業界に転職していく方に多い理由ですが、

MRの仕事が嫌だから転職していく方が数多くいます。

MRの仕事の何が嫌かというと代表的な理由としては、

・そもそも営業が嫌だ

・仕事内容が嫌だ(詰めとか謝罪など)

・MRの転勤が嫌だ(首都圏に帰れないなど)

・社内外の人間関係が悪くなり転職する

こんな理由で転職していく人が多い印象です。

私の周りにいたMRの転職先をランキング形式で紹介!

ここからは実際に私の周りのMRがどんな転職先に転職していったのかを、

多い順にランキング形式で紹介していきます。

調査対象は自社・他社のMRで大体50人くらいを対象に独自調査でTOP5まで公開します。

それでは以下に紹介していきます!

第1位:MR

MR

やっぱり1番多いのは他社MRへの転職ですね。

MRへの転職の場合は

・転職サイトを通じた転職

・他社からの直接オファー・MRを通じた紹介での転職

この2パターンがあります。

個人的には後者がおすすめで、転職理由に年収アップを狙う事があるなら

絶対的に後者がおすすめです。

推定年収としてはMRと同程度で600万円~1,000万円といったところですが、

企業格差も大きくオファーで入社した際には年収アップは見込めそうです。

※MRからMRへの転職では以下の記事で詳細解説をしています🔽

>MRへの転職と最新の業界状況について解説記事はこちら

MRの最新転職状況
【2020年最新版】MRへの転職を製薬業界の近況を踏まえて解説する

続きを見る

第2位:医療機器メーカー

医療機器メーカー

医療機器メーカーを転職先とする人は結構多かったです。

特に大手のジョンソン&ジョンソンやゼネラル・エレクトリックには、

多くのMRが転職していきました。

医療機器へ転職したMRに理由を聞いてみると

・病院での立ち回り方がMRに近くて働きやすい

・大手医療機器であれば年収が良い(年収1,000万円も普通に狙えます)

このような理由が挙げられました。

推定年収は500~1,000万円ぐらいで、企業格差は大きいです。

MRと違って実際の医療現場(手術など)に立ち会う事もあるそうで、

やりがいを感じている人も多い印象です。

第3位:薬剤師

薬剤師

これは薬剤師免許を持っているMR限定になりますが、

20代~30代前半のMRは薬局に転職する人は多い印象です。

薬剤師になったMRに転職した理由を聞いてみると

・元々いつかは薬剤師をやろうと考えていた

・実家が薬局で継いだ

・MRの仕事にやりがいを感じなくなった

こんな理由が挙がりました。

また薬剤師免許は国家資格のため、いつでも転職出来る印象がありましたが

実際は30代半ばぐらいが転職のデッドラインだそうです。

推定年収は600万円~800万円で、恐らくMRよりは年収が下がる印象です。

そのため調剤薬局や病院薬剤師を転職先として考えている人は、

自分の転職するタイミングもしっかりと考えておいた方が良さそうです。

第4位:保険会社の営業

保険会社の営業

意外に多いのが保険会社への転職で、

プルデンシャル生命やジブラルタ生命など外資系の保険会社に転職する人を一定数見かけます。

これは理由を聞いてみると

圧倒的に年収アップを目的とした転職が多いです。

外資系の保険会社では実力主義な会社が多く、億プレイヤーがいるとの噂もあります。

推定年収はもはや不明の青天井です。

第5位:他業界の営業職

他業界の営業職

これは医療業界以外の営業職という意味合いになります。

MRから飲食業界やIT業界など医療とは縁のない営業職に就くケースが多々あります。

理由としては

・営業スキルを活かしたい

・医療業界以外の業界にチャレンジしたい

このような理由て他業界の営業を転職先に選ぶそうです。

中にはMRよりも年収がアップする業界もあるので、

転職エージェントを利用してサーチしてみましょう!

MRの転職先についてまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はランキング形式でMRの転職先について紹介しました。

実はランキング外にもコンサルタント会社や人材派遣会社、起業する人など転職先は様々です。

一昔前は同じ会社に残る方が多かったですが、

令和の時代は転職が多い時代です。

また一度きりの人生なので、後悔ないようにやりたい事をやるのをお勧めします!

幸いにも転職したMRは転職先でも後悔なく仕事をしているようです。

現在転職先を検討している方は本記事が参考になれば幸いです!

以上、あらお(@araojap)でした!

スポンサーリンク

-MR

Copyright© あらおLife〜MRの営業の仕事×副業で人生を豊かに〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.