MR

MRに必要な資格&取得して100%活きる資格の両方を解説する!

MRに必要な資格&取得して100%活きる資格の両方を解説する!

本記事はこんな人におすすめ!

MRに必要な資格を知りたい!

MR認定証という資格の必要性について知りたい。

取得するとMRが得をする資格が知りたい!

どうもこんにちは!あらお(@araojap)です。

私は普段MRをやっており、同時にマネージャー業も兼務しており新人MRを何人も育ててきました。

MRの資格と言えばMR認定試験を受けて取得する、「MR認定証」が代表的なものかと思います。

実際にMR認定証という資格自体は100%必須ではありませんが、

MRにとっては実質必須に近い資格となっています。

またそれに加えて、私のMR経験から取得すると100%仕事に活きる資格も同時に紹介していきます。

つまり今回は

今回のテーマ

・MRに必要な資格

・MRが取得しておくと100%活きる資格

この2点を中心に解説していきます。

MRに必要な資格について

MRに必要な資格について

一般的にMRにとって必須の資格は2つです。

この2つの資格とは

・普通自動車運転免許

・MR認定証(MR認定資格)

この2つになります。

MRに必須な資格であるこの2つについて紹介していきます。

MRに必要な資格①:普通自動車運転免許

これは100%必須の資格です。

MRは基本的に都内でも田舎でも、営業車を使って営業回りを行います。

そのため普通自動車運転免許はMRにとって必須の資格となります。

ちなみに新卒でも中途でもMRの入社面接では、普通自動車運転免許の有無が問われます。

もちろん普通自動車運転免許の取得または取得予定が入社の絶対条件なので、これはMRに必要な資格の1つになります。

MRに必要な資格②:MR認定証(MR認定資格)

MRに必要な資格②:MR認定証(MR認定資格)

MRの資格と言えばMR認定証でしょう。

MR認定証とはMR認定試験に合格したMRのみが与えられる認定資格であり、

・新卒MRはMR認定証の取得が必須

・転職時にはMR認定証があると優遇

・MR認定証がないと入れない病院がある

このような特性を持っています。

厳密にはMR認定証がなくてもMRの仕事は出来るのですが、

実質この資格は取得しておかないと社内外での風当たりが強くなります。

そのためMR認定試験については全MRが合格必須な資格であると考えます。

※MR認定試験と勉強法について詳細記事はこちら🔽

>MR認定試験と勉強法の詳細記事はこちら

MR認定試験の勉強法とおすすめ参考書
現役MRが教えるMR認定試験の勉強法とおすすめ参考書【問題集&過去問がおすすめ】

続きを見る

MRが取得しておくと100%活きる資格について

MRが取得しておくと100%活きる資格について

さてここからは私のMR経験上、取得しておくと仕事に100%活きる資格について紹介していきます。

私が考えるMRの仕事に100%活きる資格とは、

①:日本酒コンシェルジュ

②:TOEIC

③:医療経営士

この3つになります。

正直言って、私はこの3つの資格については取得・力を入れて取り組むべきだと考えます。

このピックアップした資格がなぜMRの仕事に活きてくるかを以下に解説していきます。

MRが取得しておくべき資格①:日本酒コンシェルジュ

日本酒コンシェルジュという資格についてご存知でしょうか?

日本酒コンシェルジュは民間資格で一言で言うならば、

「日本酒のプロ」

になります。

日本酒はかなり奥深く、

・酒造用の米

・仕込み水

・微生物

・発酵方法

これらを色々と組み合わせる事で美味しい日本酒は作られます。

あなたは上記に挙げた事項について何を言っているか分かりますか?

もし分かっていないのなら、日本酒についてまだまだ知らないという事です。

ちなみに私は日本酒コンシェルジュの資格を取得していますが、

医師との雑談では相当盛り上がります。

医師はお酒が大好きです。

特にワインと日本酒が好きな先生は非常に多く、

普段美味しい日本酒を飲む機会も多いため日本酒コンシェルジュの話には相当食いついきます。

もちろん本業の話ではないですがMRの営業では

・アイスブレイクが超大事

・医師と仲良くなる事

この2点はMRの人なら誰でも肯く大切な事です。

その点私は日本酒コンシェルジュの資格を持っている事によって

医師との距離をグッと近づける事が出来た経験を何度もしました。

数字に悩んでいる人もこういった切り口で人間関係を詰めるのもアリですよ!

※日本酒コンシェルジュの資格はPBアカデミーで取得出来ます🔽

MRが取得しておくべき資格②:TOEIC

MRが取得しておくべき資格②:TOEIC

これは言わずもがなでしょう。

TOEICは社内的に出世を目指すには必須の資格です。

特に外資系メーカーではTOEICの点数がある程度ないと、本社に入れない事も多いのではないでしょうか?

また内資系メーカーでも英語は年々必要な資格となってきました。

・うちは内資だし英語は関係ないやー

・MRは数字が全てだし営業を頑張ればいい

こんな事を言っている・考えているMRは考え直した方が良いです。

昔は数字が良ければ何とでもなりましたが、今ではグローバル化が進みMR不要論も唱えられているため、

いつでも本部で働ける力を未来に向けて備えておく必要があるのではないでしょうか?

MRは忙しい毎日ですが、隙間時間を見つけて英語の勉強をしておくべきだと考えます。

もちろん私も常に英語の勉強は欠かしていません。

※TOEICの勉強はスタディサプリが手軽で効率良く学習出来るのでおすすめです!(私も使っています)

MRが取得しておくべき資格③:医療経営士

医療経営士という資格についてご存知でしょうか?

医療経営士とは

医療機関をマネジメントする上で必要な医療および経営に関する知識と、経営課題を解決する能力を有し、実践的な経営能力を備えた人材です。
長らく“経営不在”と指摘されてきた医療界において、「医療経営士」は、これからの医療現場を担う重要な人材と位置づけられます。

日本医療経営実践協会-概要-より引用

医療経営士を簡単に言うと医療機関の経営に関する資格、みたいなものです。

さてこの医療経営士ですが製薬業界・医療業界では少しずつ取得が進んでいます。

私の知る限りでは

・武田薬品の管理職クラスの人

・MSさん

この人たちは現在医療経営士の資格を取得しています。

さてこれがどんな意味を成すのでしょうか?

恐らく今後は診療報酬改定や様々な要因から医療機関の経営も中々厳しくなってきます。

そんな中で製薬会社・医薬品卸の立場から経営目線での情報提供をすると、

これは医師のニーズを満たす事になりますよね?

逆に医師や薬局社長なども普通のMRよりも、こう言った経営目線で話せるMRの方が恐らく重宝されますし、

その結果として自社医薬品の話にも聞く耳を立ててくれるのではないか、と私は思います。

私も現在勉強中で医療経営士の資格を取ろうとしています。

周りのMRで医療経営士の資格を持っている人はいますか?

恐らく限りなく少ないはず。

今のうちに取得して活用する事が1つのチャンスだと私は思います。

MRに必要な資格&取得して100%活きる資格のまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

今回はMRに必要な資格として、

・普通自動車運転免許

・MR認定証(MR認定資格)

 

MRが取得すると仕事に100%活きる資格として

①:日本酒コンシェルジュ

②:TOEIC

③:医療経営士

これらの資格を挙げました。

現役MRであれば必要な資格は満たしていますが、

後半で紹介した仕事に活きる資格は取得していない人が殆どかと思います。

資格を取る事は時間がかかります。

ましてやMRは忙しい職業なのでプライベートの時間を削る事になります。

ただ仕事を上手くやるために、将来の投資のために時間を削る事は、

周りの人とハッキリと差が出ます。

ここで自分自身のために時間とお金を投資出来るか、ここがポイントです。

以上、あらお(@araojap)でした。

 

スポンサーリンク

-MR

Copyright© あらおLife〜MRの営業の仕事×副業で人生を豊かに〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.